トップページ

交通事故の解決に向けて

代表 ごあいさつ
当事務所のホームページにご訪問いただき、ありがとうございます。 行政書士の西田兼武と申します。 開業以来、交通事故業務を専門とし、多数のご相談をお受けしてきました。本ホームページをご参考としていただき、交通事故の解決に向けて大きく前進されることを祈っています。

 交通事故の解決のために

コラム
交通事故の解決には、専門知識と経験が必要です。
しかし、このいずれも、ある日、突然、交通事故にあった人には、持ち合わせていないのが通常です。
実は、私もそうでした。昔、母を交通事故で亡くしたとき、なにをどのようにしていいかわからず、大変、苦労したことがありました。
現在も多くの交通事故の被害者の方々が、最終的に泣き寝入りをしてしまっているのではないでしょうか。
「自分は、被害者だから、相手方の保険会社がフォローしてくれるのが当たり前」と思っていませんか。
相手方の保険会社が被害者を利することは、決してありません。保険会社は立場上、決して被害者を助けてはくれません。これが現実です。
また、「病院では、後遺障害の証明をしてくれるはず」と思っていませんか。
確かに、病院では治療したことの証明はしてくれます(これは主に治療費を請求するためのものです。)。
しかし、病院には後遺障害を証明するメリットがほとんどないうえに、そもそも、損害としての後遺障害の認定方法や基準は不知と言っても過言ではありません。したがって、病院任せでは適切な後遺障害の証明がなかなかでません。
さらに、「治療後、症状が安定した段階で、はじめて弁護士や行政書士に相談すればいい」とも思っていませんか。
残念ながら、それも違います。そもそも、後遺障害の認定が症状固定までの治療方法や治療経過に左右されるうえに、症状固定までに医療検査などの医学的証拠(医証)を確保することが非常に重要となっています。
このため、症状固定前のできる限り治療の早い段階から交通事故の損害資料の作成に精通した「交通事故の専門家」にご相談することをお薦めする次第です。
以上のように、交通事故の解決のためには、後遺障害などの損害資料の作成ができる確かな「交通事故の専門家」の力が必要であることを重ねて申し上げるとともに、後遺症の一日も早い緩解を願ってやみません。

交通事故解決への流れ

当事務所の特徴

いずれも交通事故の解決のためには、重要なことばかりです。

 

pic_g074
⑴ 交通事故相談を継続的に実施
当事務所では、症状や損害などの状況変化に応じた交通事故相談を実施します。(初回の相談は無料です。ご契約の場合は、何度でも相談無料により実施)

交通事故相談

 

pic_g0772
⑵ 後遺障害の正しい認定のために全力
正しい後遺障害の認定は、交通事故の解決に大きくつながります。当事務所では、必要な医学的証明の取得、最適な書類作成のほか、異議申立や紛争処理機構への調停申請までも行います。

後遺障害の認定

 

pic_d022
⑶ 交通通事故の事故原因調査なども実施
交通事故の解決には、損害事実の証明に関する損害資料の作成が必要となります。当事務所では、交通事故の事故原因調査などの現場調査のほか、損害賠償額の算定なども実施します。

事故原因調査    損害賠償額の算定